【News】中国国内で自社商品を販売したい企業様をサポート

日本と中国の文化経済交流をビジネスの観点からサポートするReeBenCorpでは、現在、中国にて急成長中のEC通販業者「魔法集市」(日本名:マサドラ)の提携パートナーとして、声優及びACG(アニメ,コミック,ゲーム)系グッズ中心の中国国内での販売に関する総合窓口を務めております。

2020年は売上20億円を目指す急成長の「魔法集市」

EC通販業者「魔法集市」は、2013年にサービスを開始。アニメコンテンツ市場の成長著しい中国の市況を背景に、ゼロからスタートした会員数は、2017年の時点で30万人を突破。さらに2020年にはその会員数は70万人超が予想されています。それに歩調を合わせるように、2017の時点での売上約12億(日本)円から、2020年には売上約20億(日本)円を目指しています。


成長の鍵は「購入のし易さ」と「アフターケア」

多数の業者がひしめく中国国内のEC通販業者の中には、注文があってから商品をお届けするまでのサポート体制に極めて大きな差があります。注文された商品をただ右から左へと流すだけの業者、返品を一切受け付けない業者、税関で引っかかってしまったら購入者の自己責任など、一様の質が保たれていない会社が多数ある中で、「魔法集市」は購入からお届けまで責任をもってサポートする手厚さに定評があります。また、取り扱い中の日本IPのコンテンツには、すでに弊社が総合窓口となりスムーズな流通による販売価格低減の効果も見られており、購入者側の立場からの「買いやすさ」も、売り上げを伸ばす一因となっております。直接取り扱いをさせていただいているコンテンツは現在も増加しており、今後もより一層価格とサービスでお客様に還元できる仕組みが整ってきております。

まずはご相談ください

弊社は、EC通販業者「魔法集市」と業務提携を行っております。日本国内の商品に関する取扱い総合窓口としての業務を遂行しており、そのため日本国内にあるIP(Intellectual Property=知的財産)を中国国内に効率よく頒布したいというお問い合わせが日本の企業様から増えております。お気軽にご相談ください。また、現在はACG(アニメ,コミック,ゲーム)系グッズ中心の取り扱いではありますが、今後は同様のスキームで、化粧品等、女性をターゲットにした商品の取り扱いも検討を進めておりますので、こちらも随時ご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP