【コラム】序列と仁義が最優先?中国人の働く意識と基本の考え方

日本はビジネスにおいても、礼儀とマナーが重要視されていますよね?では、中国ではどうでしょうか?

この記事では、中国における労働者の意識の変化について、中国滞在経験のあるライターBILLIKENがまとめました。

優秀な中国人スタッフ

まず、近年、中国の日系企業が口々に言うのが、「現地のスタッフは本当に優秀だ」ということです。現地スタッフは、中国語だけではなく、英語さらには日本語にも精通しており、コミニケーションが取れる人間が多いのがまず大きなポイントです。

次に、組織として、または個人としての決断力が早く、必ず納期や課題への回答の期限を遵守します。もちろん、中には例外もあるでしょうが、ほとんどのスタッフが企業の規律を守り、生産性を高める努力をしているのだそうです。

これに応える形で、日系企業も動きつつあります。テレビ会議や、定期的な研修を実施し、お互いの国を行き来する中で、交流を深めているそうです。そして、その交流を通じて、中国人スタッフのある特徴が見えてきました。

中国人スタッフの特徴と考え方

まず、彼らにとって重要なのは「このアクションによって、どのようなメリットがあるか?」という点がひとつ。もうひとつは、「その仕事に投資(尽力)をするにあたって、そこに本当に意味があるのかどうか?」の2つの点です。

事業を営むにあたっては当たり前のことかもしれませんが、最初にこれらのことを考えてから行動を起こしています。実際のところ、日本人は社内の投資について曖昧にしがちですが、中国では、厳密にこの「社内の投資」について考えながら仕事を進めています。

また、よく中国人はビジネスライクだと言われていますが、決して恩を仇で返す事はありません。これは、実際に現地で仕事をすると実感するのですが、非常に人間らしく、情に厚い面を持ち合わせています。

縦割りと序列を重んじる中国ビジネス

そして、最も顕著なのが、縦割りの序列を重んじる点です。現地の政府関係者や企業などは、驚くほど社内の序列が明確になっています。出張などに赴いた際も、全て序列に従って席次や発言、名刺交換の順番が決まっているのです。この点は、さすがメンツを重んじる国だと言えるでしょう。序列に関しては、むしろ日本以上に留意すべきではないかと思います。

中国は、日本以上に縦社会であり、仁義を重んじると言うところは、一昔前の日本人の感覚であると感じるところもあります。中国でのビジネスでは、相手のメンツを大事に考え、序列やポジションをしっかりと見極めたうえで綿密なビジネス設計が必要だと言えます。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】「あるある!」日本と中国の相違点

  2. 【コラム】活気あふれる街・上海で起業を試みたけど・・・

  3. 【コラム】魅力的な巨大市場・中国の抱える大国のリスクとは?

  4. 【コラム】酒井法子は中国で大人気!今もなお愛されるその理由とは?

  5. 【コラム】アフターコロナからのV字回復のカギは「官民連携」

  6. 【コラム】これからの日中ビジネスにおける「商材」とは?

  7. 【コラム】中国ビジネスの「壁」となる煩雑な手続きを攻略せよ!

  8. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

PAGE TOP