介護ロボット 対中国進出サポート

介護ロボット 対中国進出サポート

・<中国も高齢社会へ>

中国では、2020年に総人口に占める65歳以上の人口の割合が13.5%に達し、まもなく「高齢社会」(国連が定義。同割合が14%超の社会)を迎えようとしています。2035年には、その数は3億人を超え、2040年には超高齢化社会と言われる21%超(そのころ日本は40%超)へ到達。今では想像できない世界が待っています。

しかし、すべての高齢者が高度な医療を受ける医療資金を賄えているわけではありません。中国では介護保険制度はありません。介護サービスの提供については、高齢者人口に対し、在宅90%、コミュニティ6%、介護施設4%という整備目標があり、在宅介護が中心。日本と同じように、実際高齢者を支える若年労働者層が少なくなっていく現状からすると、医療費をどのように捻出するのかなど問題は山積みです。

更に心配されているのが介護に関わる人手の問題。中国も日本と同じように、介護系の仕事を選ぶ若者は少なく人手が足りない状況が続いています。その人手不足を解消するために介護ロボットの活躍が期待されています。介護ロボットを導入することで、人口の多い中国の高齢者を支える介護士の負担を軽くすることが出来るように、中国政府も力を入れ始めています。

・<中国市場への参入意欲と高いハードル>

そのような状況下、日本企業の介護ロボットにおける中国市場への参入が注目を集めています。目的はもちろん、販路開拓です。そのチャンスは十分あります。

しかし、成功させるためにはいくつかのハードルを乗り越えないといけません。その一つは、「もうすでに中国国内の企業が介護ロボット市場に参入している」という事実です。現在の中国は過去のイメージとは違いIT先進国。人工知能の技術が発達し、今では世界と戦えるほどの技術を持っています。日本が質の高い介護ロボットを製作したとしても、それだけでは中国国内の企業に勝つことは難しいでしょう。更には製作コストの面においても日本国内での製造は費用が嵩み、輸送費もかかります。中国の多くの人口に対してビジネスチャンスはあるかもしれませんが、問題点も多いのが現状です。

・<绞尽脑汁>

考えに考え知恵を絞り尽くすということを中国語では「绞尽脑汁(jiǎojìn nǎozhī)」と言います。

重要なのはマーケティングです。どのようなターゲットを対象に勝負していくのかということを掘り下げることで勝算は見えてきます。

例えば、富裕層をターゲットにするのならば、介護先進国としての日本の経験を活かし、使用者に対しキメ細やかなサービスを提供する製品を作ることで中国企業より優位に立つ可能性は高まります。または例えば、中国のビジネススキームは一般的に売り切りが多いことに対して、クオリティーやメンテナンスについて重点を置くことで製品を使用する企業や団体から厚い支持を得られるかもしれません。定期的なメンテナンス、瑕疵担保期間を重要視すべき介護ロボット市場においては、日本のメーカーが常に優位性を保つ可能性もあります。

一方で、もし中流家庭をターゲットとするならば、ある程度リーズナブルな価格でなければなりません。しかし低価格を実現するためには、工場を中国国内に拠点を置く必要があり、それはまた別なリスクを発生させてしまいます。ほか、ネットワークを活用した介護ロボット市場ではすでに中国も高い開発を進めており、遠隔介護の分野では日本のメーカーは勝てないかもしれません。

日本企業が海外に工場を持つのか、それとも中国の企業と共同で介護ロボットを開発するのか選択肢はいくつもあります。介護ロボットを共同で開発するためには資金が必要ですが、中国が資金を持つこととなれば日本が開発した技術を全て奪われる可能性もあります。いずれにしても介護ロボットは、中国国内でもかなりの需要がありますからメリットとデメリット比較して一番良い方法を選択してビジネスを成功させる必要があるでしょう。

・<介護ロボットの種類>

ここで、改めて介護ロボットの種類について整理しておきます。介護ロボットは大きく「自立支援型」「介護支援型」「コミュニケーション/セキュリティ型」の3つの種類に分かれます。

(1)【自立支援型】
目的は要介護者の歩行や食事、リハビリテーションのサポート。例えば、関節の痛みが強く不自由を強いられている要介護者に対して腰に装着することで、歩行する際の腰にかかる負担を軽減し、自立歩行や立ったり座ったりの動作をサポートしてくれるロボットなどがそれにあたります。自立支援型のロボットを利用することで、これまで自分では不可能だったことも自身でできるようになり、利用者の心理的な負担が軽減されるなどの利点があります。

(2)【介護支援型】
目的は移乗、移動や入浴、排泄などの介護業務の支援。介護施設などでの導入が主で、介護スタッフの負担を軽減し解消することに貢献しています。

(3)【コミュニケーション/セキュリティ型】
人工知能を搭載し人との交流を促進、見守りセンサーによって要介護者の様子をチェック等を行うロボット。特に最近のコミュニケーションロボットは、人と会話ができるだけではなく、レクリエーションを支援したり、反応や周囲の環境に応じてロボットが対応を変えて鳴き声や声かけをするタイプ、または要介護者の状態を検知し声かけをおこない動作を促すタイプのロボットなども販売されています。ほか、認知症の方や一人住まいの高齢者の様子を自動感知し、必要に応じて警報で知らせてくれる見守りロボットなどもコミュニケーション/セキュリティ型に分類されます。

・<介護ロボットが解決できる課題>

最後に、介護ロボットが解決できる課題を整理します。主に四項目あり、以下の通りです。

(1)介護者の心理的負担軽減
(2)介護現場の効率的な作業の実現
(3)要介護者の身体的・精神的状態を改善
(4)要介護者が睡眠状態を改善

・<弊社が出来る課題の解決>

そのような中で弊社が出来る役割は下記のとおりです。弊社及び中国提携パートナー会社を通じて支援いたします。お気軽にご相談ください。

・プラン/企画案を提出



a)中国市場調査(市場調査/商品印象調査)
b)中国営業販促展開コンサルティング(ブランディング化や、中国での成功事例紹介)レポート
c)中国進出会社基盤構築
→中国支社設営登記支援
→中国語ホームページの設営と運営更新
→中国人人材紹介
d)中国での展示会案(複数)
→中国語パンフレット/ポスター/チラシ
→中国語動画制作
→中国人展示会スタッフの手配
→中国語名刺作成
e)中国での販売代理店探し

・その他

→中国語翻訳
→中国法務コンサルティング
→中国契約締結コンサルティング

介護ロボット対中国進出サポートのご相談はこちら

PAGE TOP