【コラム】中国人は日本人のことをどう思っているのか?

中国と日本は地図上では隣にあると言ってもいいぐらい近い国。しかし文化は大きく違います。中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、中国人は日本人のことをどう思っているのか?についてお伝えしていきます。

中国と日本は昔からかかわりがありますよね。歴史の中でもたくさんのかかわりがあったと言われてきました。ですが、実際に中国にいくと日本とはまったく違うといわれています。では、中国人は日本人のことをどう思っているのかについて紹介したいと思います。

【楽観しない日本人】

日本人は中国人のように楽観的ではないです。そもそも国土が狭く地震や災害が極めて多いため、生活は落ち着かなく、どうしても不安が多いのでしょう。そのため、保守的になってしまうようです。

【突出した人が苦手な日本人】

日本人は集団の中における突出した人物を嫌います。学校時代でも特別に優秀な生徒はいじめの対象となりやすいと中国人は思っているようです。日本人は成功の要因がその本人の才能であると認められたがらず、集団による共同共助の成果であると考えるようです。

【女性の地位が低い日本社会】

中国の女性は仕事を持ち、職場でも威力を発揮しています。ただ、日本はまだ中国ほど女性が社会で活躍するということは浸透していません。
今は昔と違い、女性が仕事を持つことが通常となってきましたが、それでもまだ仕事をするというイメージがないのです。女性は家庭での役割に重きをおいているので、外で働くのがまだ当たり前ではありません。この点は中国の方が日本よりも発展していますし、女性の地位が日本よりも中国の方が高いです。

【理性的な日本人】

災害や事故が発生しても、感情を爆発させないというイメージを持っています。常に理性を保ち、感情的にはなりません。中国人は何か大きなトラブルになるとすぐに爆発してしまうのですが、日本人は常に冷静に判断しています。

【礼儀正しい日本人】

中国人から見たら日本人は温和で礼儀正しいというイメージがあります。自己の利益のために他人を陥れることもなく、交通ルールを守り、地下鉄やバスで強引に席を占めることもありません。中国人からしたら、日本人はこのように、ルールを守り、礼儀正しいというイメージになっています。

【まとめ】


このように、中国人は日本人のことをどう見ているかについて紹介しました。同じアジアでも実際に住んでみたり、日本に行ってみると性格がまったく違うようです。ほかにもまだまだありますが、中国人は日本人のことをこのように思っているようです。もちろん人によっても違いますし、年齢によっても違いますよね。日本人が中国に行くとさまざまな違いに驚かされるかもしれませんが、中国人の特性を知っておくと生活がしやすいですね。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】魅力的な巨大市場・中国の抱える大国のリスクとは?

  2. 【コラム】知らないと恥をかく中国でのビジネスマナー

  3. 【コラム】中国のECの現状を知ることが越境EC成功のカギとなる?

  4. 【コラム】中国人が日本進出を成功させるために学ぶべきこととは?

  5. 【コラム】中国それぞれの土地とその特性

  6. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  7. 【コラム】日本のお家芸が中国のお家芸に!アフターコロナで躍進する産業と…

  8. 【インタビュー】高品質で低価格なLEDを供給する中国人社長「無謀な状況…

PAGE TOP