【コラム】中国人が日本進出を成功させるために学ぶべきこととは?

中国人が日本でビジネスをするためにまず考えるのは、先に就学ビザなどで来日して、そのまま就業ビザに切り替えるという方法です。しかし、ずっと日本にいるよりは、地元である中国で学んだにビジネスノウハウを日本で活かしたいと考える人は多いはずです。

現在の日本の産業には隙間がほとんどなく、参入障壁も多くあります。では、その壁を乗り越えるためにはどのようにしたらいいのでしょうか?中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが解説します。

日本進出するために学ぶべきこととは?

中国人が日本に進出するためには、まず日本での営業における厳しいルールとマナーを習得しなくてはなりません。特に日本企業は、経理チェックが非常に厳しい環境にあります。また、中国人は経営の交代が頻繁にありますが、これも日本では問題とされる場合があります。

そのため、中国人が日本でビジネスを成功させるためには、日本の企業と同等の健全な経営が必要であると言えるでしょう。
日本進出を果たしたとして、中国側のメリットを活かすとするならば、やはり量的な強みになります。その強みを活かせば、中国企業が日本市場においてどのように開拓できるかも想定できるのではないでしょうか?

これからの中国企業は常にあらゆるパターンの市場を予測し、臨機応変に産業を興していけるかどうかがテーマになります。

中国人の日本でのビジネスチャンスとは?

現在、日本が中国から学んでいる、または学びたいと考えているのが、インターネットを活用した支払いシステムなどについてです。物流大国である日本から考えると、マス・コミュニケーションとマス・マーケティングという内容から見ると、これらがスムーズにできるかどうかで、少しの購買金額でも事業の規模からすると利益が大きくなるという見方も。

購買の仕組みが整っているように思える日本ですが、より人海戦術的な購買戦略の進め方は中国系の人の方が断然上手だと言えます。日本に進出するいう意味では、まずは日本でのグローバル・コミュニケーションのやり方を認識できるかという点が重要です。

安全でクリーンで健全な日本のシステムは、中国人が日本で学ぶべき最初の展開になります。

中国人が日本企業の良きパートナーになるために

中国人が日本で出来るビジネスとしては産業技術者としての職が強みとなります。

しかし、日本でのビジネスにおいて信頼性を勝ち取るためには、中国でも純良な経営を行っているという証明が必要になります。その理由は前述した通り、中国のように技術さえあれば良いという考えは、日本では通用しないためです。

中国企業は中国人の技術を活かした経営を行う場合であっても、日本企業のようなコーポレート・ガバナンスと同時に、経理チェックをしっかり安全に行うスキルも必要です。また、今後のマス・マーケット時代には、市場予測をアジア人の観点から行うことも肝心です。

日本企業の良きパートナーとして中国人が日本に進出するためには、まず健全な経営を行うことが出来るかが重要なポイントであると言えるでしょう。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【インタビュー】中国人/ベトナム人向け賃貸仲介で急成長!社員60名を抱…

  2. 【コラム】実は現地で起業する日本人も多い~中国で働く日本人とビジネスの…

  3. 【コラム】2019中国の最新事情

  4. 【コラム】日本が中国へビジネス進出するメリット

  5. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  6. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

  7. 【コラム】中国で長期滞在することになったら読んでおくべきこと

  8. 【コラム】中国それぞれの土地とその特性

PAGE TOP