【コラム】日本発のサブカルチャーを通じた人的交流とインバウンド

日本と中国の関係性は、表面上は穏やかですが、常に不安定な状況にあります。現在は、中国が日本の技術を応用する形で、一枚上手の技術革新を実施。日韓関係および日中関係共に、日本との関係が冷めきっている状況です。

そんな中で、日本が中国に今後影響をもたらし、一部のファンの間で人事交流的な催しができる要素があります。それは日本独特の文化であるサブカルチャーの世界です。この記事では中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、世界における日本のサブカル事情について詳しく解説します。

圧倒的な人気を誇る日本のサブカルチャー

日本の漫画とアニメ、さらにはアイドル文化は中国でも人気と知名度があります。中国ではアニメ、漫画は昔から根強い人気を誇り、ジャニーズをはじめアイドルがライブを開催するなどしています。また、冷めきっている日韓関係においても、サブカルチャーは相互に交流があり、特に日本ではK−POPアイドルや、韓流ドラマが未だに根強い人気を誇っています。

また、韓国人からは日本のアニメや、ゲームなどのサブカルチャー市場が人気で、韓国内でも日本の漫画・アニメが圧倒的なシェアを占めています。

いわば、世界のサブカル産業の中心となっているのが日本と言っても過言ではないでしょう。

中国における日本のサブカル事情

中国においては、中国でのITの技術が今後、日本が逆輸入する可能性があります。しかし、漫画やアニメ、ゲームに至っては、以前として中国の中では日本至上主義が浸透。今後もサブカルファンの間では、日中間において良好な関係が築かれていくでしょう。

「音楽に国境は関係ない」などと言われますが、まさに日本で産声を上げ代表的な産業となった漫画、アニメ、ゲームなどのサブカルチャーは国境関係無しに良好な関係を維持できる要素になっています。

メイドインジャパンの底上げを担うサブカルチャー

日本を訪れる中国人観光客の中には、未だに日本で爆買いをする人も多数います。その経緯としては、日本の製品のブランド力にあります。日本製品は長持ちし、品質が良く、それを目的とした中国人が未だに多いと言う事実があります。

最近では日本でもメイドインジャパンブランドを意識し、各メーカーで化粧品、靴などのメーカーが、日本国内において新工場を建設。その背景には、化粧品など各種製造メーカーだけでなく、確実に日本固有の文化である漫画やアニメなどのサブカルチャーの影響もあでしょう。

静かに熱を帯びる日中関係

日中関係は、今のところ一見冷めきっているように見えますが、実は日本へ熱い視線が向けられています。日本のサブカルチャーやメイドインジャパンの高い品質力は、これからの日中関係に大きな影響をもたらすことでしょう。これにより、日中の経済がスムーズに進行し、更に親密な関係に発展することが期待されています。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【インタビュー】中国人/ベトナム人向け賃貸仲介で急成長!社員60名を抱…

  2. 【コラム】活気あふれる街・上海で起業を試みたけど・・・

  3. 【コラム】日本人とは異なる中国人のプライバシーへの考え方を知っておこう…

  4. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  5. 【コラム】中国人学生が留学先に日本を選ぶ3つの理由

  6. 【コラム】覚えていますか?日本で一世を風靡した華麗なる中華圏スター達

  7. 【コラム】企業が探すべきKOLとは?KOL戦略のカギはターゲットにあり…

  8. 【コラム】人生の節目に写真あり!中国の記念写真文化

PAGE TOP