【コラム】日本よりも厳しい!?中国のアイドル事情について

日本のサブカルチャーのひとつであるアイドル文化。今や世界中に波及し、日本だけのものでは無くなってきました。もちろん、中国にもアイドルがいます。そして中国においてアイドルになるというのは、非常に過酷なことなのだそうです。

この記事では、中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、中国でアイドルになるための厳しい道のりについて紹介したいと思います。

中国にはアイドル養成プログラムがある

北京を拠点にアイドル養成プログラムを運営するバナナエンターテイメント。2017年から毎年、中国全土から選りすぐりの少年・少女18人にアイドル養成プログラムを実施しています。養成学校というだけあり、トレーニングは非常に過酷なものだそうです。

アイドルとして、ただ歌って踊れれば良いだけでなく、音楽、ダンス以外にも広報、マナー、メイク、リズム、フィットネスなどさまざまなプログラムで構成されています。指導にあたるインストラクターは中国国内だけではなく、アメリカやアイドル養成が盛んな韓国からも集められているという力の入れようです。

中国のアイドルは日本のアイドルよりも厳しい

中国のアイドル養成プログラムでは、常に努力が求められるのは当たり前。養成プログラムのトレーニングは、少なくとも1日12時間のトレーニングが必須です。一日中厳しいレッスンを受け続けるため、中にはレッスン中に怪我をするアイドルの卵も少なくないようです。しかし、それで立ち止まることなく、毎月試験を受けたり、これまでの成果を見せるための動画を自身で製作するなど、アイドルの卵たちに休む暇はありません。

プログラムを運営するバナナエンターテイメントの幹部や講師たちはこれらを評価、採点して生徒のランク付けをします。しかも2ヶ月連続で最下位となった生徒は「クビ」になり、養成所を去らなければならなしシビアな一面もあります。

厳しさはまるでアスリート並

非常に厳しい中国のアイドル養成プログラムは食事の面でも非常に厳しく管理されています。美しい見た目を維持するために、体重管理をするのもトレーニングのうちです。体重が増えれば罰則が与えられるなど、まるでアスリートの様な厳格さです。アイドルの卵達は毎日、朝昼夜とフルーツなどのヘルシーな食事をしているそう。その間に長時間のトレーニングをこなしているため、体を壊してしまう人もいるのだとか。

しかし、こうした努力の積み重ねにより、アイドルとしての自覚が生まれ、プロ意識が備わることも事実です。中国のアイドルは一流アスリートのような努力を経て、スターダムにのし上がるのです。

アイドルの努力はいつか報われる!

中国のアイドルを例に出しましたが、ショービジネスの世界で輝くためには並々ならぬ努力が必要です。アイドルの世界は傍目には華やかに見えますが、その裏には人知れぬ努力が隠れています。日本でも中国でもアイドルの世界は過酷ですが、その努力が実った時に大きな花が咲くと言えるでしょう。(写真はすべてイメージです。あらかじめご了承ください)

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  2. 【コラム】アフターコロナの中国で成功する秘訣は「井戸を堀った人」になる…

  3. 【コラム】「生産拠点=中国」という図式に変化をもたらした新型コロナウイ…

  4. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

  5. 【コラム】悲しみから歓喜へ!?日本オタク中国人の新しい生活様式とは?

  6. 【コラム】アフターコロナで優位になる中国との貿易事情

  7. 【コラム】中国市場で越境EC展開をするために!主なニーズは日用品?

  8. 【コラム】中国人は日本人のことをどう思っているのか?

PAGE TOP