【コラム】中国からの輸入貿易で成功を納める秘訣とは?

中国との貿易において、どのようにしたら失敗することがないか気になるところです。現在、日本には中国で作られたさまざまな商品が店頭に並んでいます。中国からの輸入品は、今や日本での生活に欠かせないものになっています。

この記事では、中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、中国からの輸入取引で成功を納めるコツを紹介します。

仕入れた商品は徹底的に検査を実施する

工場の規模や、検査基準の違いから、中国から輸入品のは不良品が出やすい特徴があります。中国はそもそものロット数が多く、検査や検品が日本ほどしっかりしていないため、商品の中に不良品が混入しているケースが多いです。

日本の企業においては、中国から商品を輸入の場合、必ず中国サイドでしっかりと検品する体制を用意する必要があります。特に、新規取引先から商品を仕入れる場合は、厳密な検品が必要です。

検品せずにそのまま輸入してしまうと不良品が発生し、商品到着後も返品する送料の方が高くついてしまい、実質損をしてしまう可能性も。例え商品を販売するにしても多くのクレームを招く怖れがあるので、しっかりとした検品基準を設け、不良品を無くすことを徹底しましょう。

著作権には細心の注意を!

中国には有名ブランドの偽者が店頭に並んでいることはもはや有名です。しかし、偽者やコピー品の販売は、世界的にも大手通販会社が最も敬遠する行為であり、その事実が発覚した場合、例え出品者にその認識がなくても、発覚した時点でアカウントが停止になることもあります。

中国で偽物を見極めるコツは価格を見積もることです。相場よりも価格が低すぎる商品は、ほとんどが偽者だと言っていいでしょう。そのため、商品の料金をきちんとリサーチし、異様に安いからといって輸入することは避けた方がベターです。

現地での徹底的なリサーチが成功のカギ

中国からの輸入ビジネスを行う場合は、必ず現地へ赴くことが重要です。ネットなどを通してやりとりするだけでは、商品の本質は見えてきません。単価など、中国現地へ行ってリサーチすると、日本と全く異なる相場になることもさまざま。実際、日本で中国の商品を販売するため、実際に現地へ行って徹底的に商品について調べることが大切です。

例えば、中国の最新技術を使用した新商品や、ブレイクし始めている商品などは、実際に現地地に行かないと分からないことも多いです。中国との輸入貿易を成功させるカギは、実際に現地へ行って徹底的に自身の目でリサーチすることです。

潤沢な資金の確保も成功のポイント

商品販売において、資金量は成功するか否かを決める重要なポイントです。多くの場合において、資金力が多い企業(または個人)が多くの場合に成功を納めている傾向があります。輸入貿易や国際ビジネスにおいて、ある程度の資金が必要であるというのは全世界共通の常識です。しかし、中国からの輸入貿易においては、商品単価が安く、最初は少ない資金でも成功する可能性はあるかと思います。

例え資金が無い場合でも、今ならクラウドファンディングなどで資金を調達することも可能です。そのため、まずは事前にあらゆる方法で十分な資金を確保しておくことが重要です。万が一、小額の資金しか無い場合は、最初から大きく展開することなく、可能な範囲で出来ることから始めることが大きな失敗をしないコツだと言えるでしょう。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】中国人にとって日本のアニメとは?日本在住中国人のアニメ事情

  2. 【コラム】松下幸之助をきっかけとした日中の人的交流が創る未来

  3. 【コラム】中国の政治体制の中での合理性~思った通りに事は運ばない~

  4. 【コラム】身近なことから始めよう!中国における企業の社会貢献活動とは?…

  5. 【コラム】知らないと恥をかく中国でのビジネスマナー

  6. 【コラム】フリーペーパーを読んで日本人コミュニティを知ろう!中国の日本…

  7. 【インタビュー】中国人/ベトナム人向け賃貸仲介で急成長!社員60名を抱…

  8. 【コラム】これからは相乗効果を狙うべし!中国進出で日系企業が成功するコ…

PAGE TOP