【コラム】中国への輸出貿易にはスピード感と仕掛ける戦略が重要!

ビジネスにおいて、中国と貿易をしたいと考える人も多くいると思います。日本と中国は今や切っても切れない関係になっています。

この記事では、中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、日本と中国の貿易について注視すべき点を紹介します。

日本の輸入なら「健康グッズ」が人気

最近の中国では、新型コロナウイルスの影響でマスクの着用の増加しました。さらに、免疫力の工場の面から定期的なジム通いやサプリメント、健康食品の摂取など、健康に対する意識が高まっています。

日本でも酵素、青汁、胡麻、アーモンドなど、健康にいいものがメディアで取り上げられる度にブームが起きますが、中国でもまったく同じ現象が起こります。むしろ、中国の方が健康意識が高く、日本の健康食品やアイテムにも熱い視線が注がれています。中国のトレンドで注視するべきは、他社商品との違いを明確にすることです。他と差別化した商品で、なおかつ健康を意識した商品であることが重要だと言えます。

日本酒や焼酎などの特産物はターゲットを絞る

中国へ日本の商品を売り込む際には、日本の個性がある商品を求められます。しかし、現在の中国市場にはあらゆる日本の商品があふれており、すでに飽和状態だと言えます。

日本の伝統的な工芸品などは中国市場で非常に人気がありますが、日本独特の日本酒や焼酎といった酒類は、中国では一般的にあまり人気がありません。現在のところ、日本の酒類の輸出は飲食店を中心に行われていますが、市場全体としての展開はやや難しいと言えるでしょう。

しかし、今後中国において、外国の食事と一緒にその国のお酒を嗜むというブームが起こるかもしれません。そうなれば、中国には日本料理店が多いため、日本の酒類も人気が出る可能性があります。中国の日本料理店の大半は、裕福層が利用するような高級日本食料理店です。そして日本料理店の利用者は、日本の料理や酒類を求めて足を運んでいるため、そこからブームを待つ、または仕掛けるのもいいでしょう。

中国ではスピーディな商談と商品PRが重要

中国との商談がスピード感が非常に重要です。中国サイドから見ると、確認に次ぐ確認を重視する日本の商談は、「レスポンスが遅い」という印象があるようです。中国は商談のスピードが非常に早く、日本側からの採決を待つ間に別の企業と話を進めてしまうケースが少なくありません。

中国と商談をする場合には、事業計画を立てたらすぐに行動に移し、実行をすることが大切です。すばやく行動を起こすためにも、常にトレンドや競合他社の動向を検討することが大切です。

輸出貿易で成功する秘訣はアクションも重要

ここまで、中国への輸出貿易のポイントについて紹介しました。中国との貿易は何かとリスクがあるビジネスですが、日本と中国はとても深い関係にあり、現に数多くの日本企業が中国へ進出しています。そのため、中国とビジネスする際には、双方の動向や流行を読み、時にはブームを仕掛けるアクションも重要だと言えます。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  2. 【コラム】日本が中国へビジネス進出するメリット

  3. 【コラム】10年ぶりに訪れた北京で急激な進化の体験

  4. 【コラム】覚えていますか?日本で一世を風靡した華麗なる中華圏スター達

  5. 【コラム】共産国家は赤ちゃんを大事にする

  6. 【インタビュー】中国出身初の議員を目指す「歌舞伎町案内人」李小牧さんに…

  7. 【コラム】貴重な人材!?日本語がペラペラに話せる中国人は一体どのように…

  8. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

PAGE TOP