【コラム】中国人の爆買いには続きがある?越境ECでチャンスを狙え!

世界の工場と言われ、未だその実力が計り知れない中国。一昔前は商社などが中国で買い付けを行い、中国製品を日本で展開することがほとんどでした。しかし、昨今はECサイトを利用して、個人でも中国から商品を仕入れることができます。

 

本記事では、中国在住経験のあるライター・BLLIKENが、中国と日本の越境ECのこれからの姿について考察します。

越境ECで国際取引がスムーズに

国際的に個人間で取引するインターネット通販、いわゆる越境ECが近年非常に盛んになっています。中国の大手サイトでは、日本語対応可能であるため、個人間取引や業者の仕入先として利用する日本人も非常に多いです。

以前まで、海外のECサイトといえば、発送の遅延や商品の間違いなどのトラブルが多かったのですが、近年はそうしたトラブルも減少しており、よほど怪しげなサイトを利用しない限りはスムーズな取引が可能です。

中国人の「リピート買い」がECを支える

中国への越境ECも安全性が高まっており、個人利用をはじめ、日本からビジネス参入を視野に入れる企業も多くなっています。特に最近は中国の EC サイトにおいて、日本から中国へ商品を販売する「出品側」が増えている傾向があります。

そしてそのターゲットは、訪日中国人がメインで、内容は「日本で買ってよかったもののリピート買い」がほとんどなのだそうです。

コロナ禍が変えた中国人の需要

一時期、中国人が旅行で日本を訪れ、さまざまなものを大量買いして自国に帰る、いわゆる爆買いが盛んに行われていました。しかし、新型コロナウイルスの流行で日本への渡航が難しくなった頃から、越境ECを利用して日本製品を購入する動きが強まってきたのです。

中国において、日本製品は品質がよく安心感があるため、社会情勢が不安になっているなかでも需要が高まっています。

越境ECでは「何を売るか?」が重要

日本にとっては越境ECを使って中国に商品を販売するチャンスが訪れたのですが、ここで問題なのが「何を売るのか?」ということでしょう。中国は市場規模が大きいため、もしそこで中国側の爆買いが起こった際には、大きな利益を生み出すことが可能です。

一昔前までは日本人が中国でビジネスを行う際には、さまざまな許可やアカウントの取得に苦労して、なかなか参入できませんでした。しかし、昨今では越境ECサイトへのビジネス参入やアカウントの取得もハードルが低くなっており、個人にもチャンスが巡ってきています。「中国で何を売りたいか?」が明確になっている人にとっては、今が絶好のビジネスチャンスだと言えるのではないでしょうか?

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】中国市場で活発化するインフルエンサーマーケティング

  2. 【コラム】米中貿易は一周回って健全化?米中貿易の行方と今後の展望

  3. 【コラム】中国への輸出貿易にはスピード感と仕掛ける戦略が重要!

  4. 【コラム】日本人が学ぶべき中国の作法

  5. 【コラム】インバウンド需要が消えた観光地の今

  6. 【コラム】中国の規制が強化?その背景にあるものとは――

  7. 【コラム】中国の政治体制の中での合理性~思った通りに事は運ばない~

  8. 【コラム】メンツって分かりますか?中国の人の特徴や良くある性格

PAGE TOP