【コラム】変わりつつある中国人の日本留学の形態

中国人の留学と言うと、少し前までは出稼ぎのためのステップという捉え方がほとんどでした。しかし、近年では何か1つの分野に特化して、学んだり仕事をしたりする目的の留学が増えているようです。

この記事では、中国滞在経験のあるライターBILLIKENが、近年の中国人の日本留学の特徴や傾向について考察しています。

変わりつつある留学の質

日本への留学の選択をする中国人は非常に多くいるようです。しかし、近年はその質が変わりつつあると言われています。これまでの中国人の留学と言えば、出稼ぎのための日本語を習得するためが主でした。しかし、時代は流れて、いつしか中国国内にある日系企業に就職するための留学に変化していきます。そして、昨今では、日本のさまざまな技術やサービズ、ビジネスに着目し、その分野を学ぶべく留学を希望している人が多いそうです。

中国は、日本人や日本の文化を「勤勉である」として非常に評価しています。そして、日本に来れば充実した教育が受けられ、よりプロフェッショナルな人材になれると考えているのだそうです。そのため、近年は留学中にさまざまな資格や技術を習得し、大学に入ってすぐに就職活動に明け暮れる中国人学生も少なくないのだそうです。

彼らは授業が終わっても勉強に没頭し、日本人に混ざって一生懸命学んでいるそう。日系企業もそうした姿勢を高く評価し、高い賃金で雇うこともあるのだそう。近年は会社に中国人スタッフがいる大企業も多く、中には逆駐在として母国の中国に派遣されるケースもあるのだとか。

日本留学のその先に

中国人にとって、一部では日本留学は「気軽なもの」や「近いから」と言う理由で来ている人も多いかもしれません。

しかし、中には真剣に日本を学びに来て、成功している中国人がいることも忘事実です。これからの留学生の動向も、引き続き注目していきたいところです。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】知ることから始めよう!KOLとインフルエンサーの違いと特徴

  2. 【コラム】高度経済成長と共に変わりゆく中国の家族像

  3. 【コラム】中国の男性アイドルが今アツい!エンタメ事情と傾向を解説!

  4. 【コラム】中国人は日本人のことをどう思っているのか?

  5. 【コラム】日本発のサブカルチャーを通じた人的交流とインバウンド

  6. 【コラム】中国経済は本当にヤバい?現状とこれからについて

  7. 【コラム】中国ビジネスは公私混同が当たり前?良い関係性<关系>とは?

  8. 【コラム】G20が終わり気になる中国経済の今と今後と米中貿易摩擦動向

PAGE TOP