【コラム】北京冬季オリンピック後は健康・美容市場に注目!

北京冬季オリンピックを間近に控えた中国。オリンピック開催後は、スポーツや健康志向が高まり、こうした市場が活性化することでしょう。

この記事では、中国滞在経験のあるライター・BILLIKENが、北京冬季オリンピック後の中国の市場について考察しています。

北京冬季オリンピックの後の市場は?

開催が懸念されている北京冬季オリンピック。しかし、中国は新型コロナウィルスの安全対策を万全にし、世界に名だたる安全国ということをPRする機会と捉え、間違いなく開催することでしょう。もちろん、そこには国内経済の活性化と、海外へ安心感を与えることも含まれています。

日本政府としては、現在の中国との関係について慎重にならざるを得ないでしょう。というのも、アメリカと中国の関係が、未だ不透明であるからです。日本が経済を活性化させるためには、ウイグル問題や台湾問題など、解決すべき事案が数多くあるのが実態でしょう。しかし、政治的要素を抜きにして考えれば、日本と中国のビジネスはさらに発展していく事が予想されています。

特に注目すべきは、健康・美容産業です。日本では、社会全体の高齢化が進み、アンチエイジングや健康美容などのサービスや商品が非常に発展しています。中国でも同様に高齢化社会が進み、需要も増加しています。中国の市場は日本の10倍であると考えると、日本企業にとって大きなチャンスであると言えるのではないでしょうか?

これだけの大きな市場が見えているだけに、北京冬季オリンピック開催後は、日本の各企業が中国市場を席巻する可能性もあるでしょう。

健康・美容市場の動きに注目!

オンラインでさまざまな展示博覧会が実施される中、上海家電博覧会はリアルをベースにして展開されていました。これは、北京冬季オリンピック後の中国市場が開かれたものであり、内需外需を問わずどんどん大きく発展させたい、という中国政府の意思表示だという捉え方もあります。日本の企業にとってもこれはチャンスでしょう。

とはいえ、健康・美容分野の進出は簡単なものではありません。そのため、日本政府も、国としてこうした事業に注力することが、さらなる発展を遂げるポイントになることでしょう。北京冬季オリンピックを機に、中国の健康・美容意識はさらなる向上を見せるでしょう。これからは、日本と中国が政府間交流を深め、企業の進出を後押しすることが重要だと言えます。また、日本市場においても、新型コロナウイルスでなかなか向き合えなかった中国企業を受け入れるなど、ギブアンドテイクが重要ではないかと考えています。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】貴重な人材!?日本語がペラペラに話せる中国人は一体どのように…

  2. 【コラム】中国で「売れる」日本製品のトレンドを知る方法とは?

  3. 【コラム】中国のECサイト・タオバオのメリットと成功のカギとは?

  4. 【コラム】日本人が学ぶべき中国の作法

  5. 【コラム】フリーペーパーを読んで日本人コミュニティを知ろう!中国の日本…

  6. 【コラム】冬こそアツい!ウィンタースポーツ大国中国

  7. 【コラム】日本人が中国人から学ぶべきところ

  8. 【コラム】実例から見る中国人との距離感~中国での「郷に入っては郷に従え…

PAGE TOP