【コラム】介護ロボット市場の参入と中国情勢

中国の高齢者向けビジネス、いわゆる「シルバー産業」はこの数年で大きな変革を迎えました。中国政府の方針、少子高齢化社会、介護ロボットの進化、そして加速する日本の円安など、それぞれが影響し合い、現在は混とんとした状態になっています。

この記事では、中国滞在経験のあるライターBILLIKENが、日本の円安と中国シルバー産業の現状について考察します

中国で高まる介護需要

中国国家統制局の調べによると、高齢者の人口は2000年には0.88億人でしたが、2020年には1.7億人に増加するなど、高齢化社会が加速していることが見て取れます。それに伴い、シルバー産業の市場規模は2018年に6.2兆元、2024年には11.2兆元と、急成長が見込まれています。いくつかの日本企業は、早くから中国の人口の割合変化を先読みし、現地のシルバー産業に参入してきました。しかし、この数年で状況が大きく変化し、いわゆる日本式が通用しなくなってきました。介護の内容は、日本でも中国でも大きな差はありませんが、中国では在宅介護が主流となっています。

そのため、訪問介護やリモート介護等のニーズが潜在的にあるのです。さらにその先には、一人っ子政策による平均家庭人数の減少により、徐々に社区養老(コミュニティ介護)・施設養老(施設介護)の需要が高まっていくことが見込まれています。

日本企業に勝機はあるか?

近年は、中国の都市の発展や所得の中間層の増加により、より高品質な介護サービスの需要が増えると考えられています。そうしたトレンドの中で、日本企業が参入して勝算があるのが「介護ロボットやAIの活用」でしょう。介護ロボット市場は、世界的に見て未だ小規模です。国際ロボット連盟によると、2020年時点での市場規模は約8000万ドル(75億円強)で、供給側のほとんどが日本製の介護ロボットが占めています。高齢化の進む日本では、介護人材の不足もあり、介護ロボットが現場に導入されています。

実際、東京にある特別養護老人ホームでは、ペット型アザラシ型ロボット「パロ」や、人型ロボット「ペッパー」が欠かせない存在だと言います。さらに、歩行支援ロボット「Tree」は、お年寄りに寄り添いながら歩行補助を行ってくれるため、利用者から大変重宝されているそうです。中国では、これまで公的介護保険制度が整備されておらず、専門的な介護サービスを受けるためには費用が高額なので、利用できるのは一部の富裕層に限定されていました。しかし、2020年を境に、公的介護保険制度が徐々に普及してきています。今後、ロボットやAIを活用した介護サービスが公的保険の適用対象となれば、中国の介護ロボット市場も大きく広がることでしょう。これは日本にとっても大きなビジネスチャンスになります。日本としては、現在の円安の波を上手く利用し、中国における市場展開に備えておく必要があるでしょう。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】時代と共に変化する中国の結婚観

  2. 【コラム】中国人との信頼関係構築は時間がかかることを最初に知っておくべ…

  3. 【コラム】中国のECサイト・タオバオのメリットと成功のカギとは?

  4. 【インタビュー】中国人/ベトナム人向け賃貸仲介で急成長!社員60名を抱…

  5. 【コラム】実例から見る中国人との距離感~中国での「郷に入っては郷に従え…

  6. 【コラム】中国市場で越境EC展開をするために!主なニーズは日用品?

  7. 【コラム】中国政府は内陸部の経済振興に対して本気で取り組んでいる

  8. 【コラム】双方向で人を育て会社を育てることが重要

PAGE TOP