【コラム】中国で長期滞在することになったら読んでおくべきこと

中国というと同じアジアですし、日本から近いので親近感がある人も多いのではないでしょうか。ですが、同じアジアとはいえ、日本と同じような気分でいてはいけません。日本では良くても中国ではしてはいけないことはたくさんあります。では、中国へ出張で行ったり、長く住むときに何をどのように気をつけなければ良いのか。中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが紹介します。

屋台の食べ物には気をつける

隅々まで発展してきているとはいえ、中国の屋台はまだまだ衛生面に関して管理がしっかりしておらず、衛生的に決して良くとは言いきれません。たしかに屋台の食べ物は安いのですが、食べたら食中毒になって病院代が高くついたなんてこともたくさんあります。現地に住んでいる中国人の人たちですらお腹を壊すことがある屋台はあまり食べない方が無難でしょう。また、屋台だけでなく、明らかに不衛生なお店での飲食は控えた方がいいですね。もし、食事をするなら少し高くても清潔感のあるレストランで食べることをおすすめします。

中国ではネットでつながらないページがある


中国はネットに関してゆるいというイメージがあるかもしれませんが、実は日本よりもたくさんのサイトがつながりません。いわゆる「グレートファイアーウォール」です。そのため、日本では当たり前のように使われているGmail、Googleplay、youtube、Line、twitterなどは一切つながらないので気をつけてくださいね。準備不足で望むと、相当不便な生活を強いられることでしょう。

空気汚染

PM2.5は日本でもよく言われているので知っていますよね。そして中国はかなり空気汚染がひどく日本どころではありません。特に中国の北部の冬は必ずマスクが必要なほど空気が汚染されているので、健康のためにも絶対にマスクを持って生きましょう。また、行く用事がないなら北部の方には行かない方がいいですね。毎年11月から3月までは汚染が特にひどいので、マスクを絶対に忘れないようにしてくださいね。

まとめ

実際に中国へ行く際に気をつけるべき点について紹介しました。中国はニュースなどから、行くのが不安だと思う人もたくさんいると思います。しかし、上記のようなことについて気をつければそれほど怖い場所ではありません。ご飯も美味しく、優しい人も沢山います。最低限のマナーを身に付けて、積極的に中国へ行って、そして中国の魅力を知って楽しんでくることをおすすめします!

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】中国人とのビジネス交流の大切さ

  2. 【コラム】10年ぶりに訪れた北京で急激な進化の体験

  3. 【コラム】米国の対中輸入額が減少する中で他国にとっては棚からぼた餅

  4. 【インタビュー】中国人/ベトナム人向け賃貸仲介で急成長!社員60名を抱…

  5. 【コラム】フリーペーパーを読んで日本人コミュニティを知ろう!中国の日本…

  6. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

  7. 【コラム】中国それぞれの土地とその特性

  8. 【コラム】実は現地で起業する日本人も多い~中国で働く日本人とビジネスの…

PAGE TOP