PRイベント/記者会見の企画制作運営サポート

新しい製品やサービスを、メディアを通して広く世間に訴求させるPRイベント/記者会見

PRイベントや記者会見は、サービスや商品の訴求を目的とした企画を立案し、実物展示やデモンストレーションなどを行い商品を紹介します。その際に記者や編集者、またはライターを呼び込み、その後メディアでの露出を目標とする場合が記者会見。会見では開発担当者など、商品に関わった人物などが登壇することで、記者にとっては周辺情報の入手が可能となります。
企業にとっては、数枚のプレスリリースの中では伝えきれなかった情報を、丁寧かつ正確に伝えることで、 好意的な記事を書いてもらえるという実例もあります。記者側の立場としても、その商品の開発秘話などを聞くことができたり、周辺情報も入手できるというメリットをもたらします。以下、PRイベント/記者会見を行うことのメリットを整理します。

お問い合わせはこちら

宣伝効果

以前は敷居が高かったPRイベント/記者会見という宣伝手法はもはや大企業だけのものではありません。新しく斬新、そして世間を賑わす製品やサービスであれば、規模の大小は問われずピックアップされるチャンスがあります。SNS及びインターネットが発達した現代では、従来の新聞、雑誌、テレビなどマスメディアを通した訴求の方法のみならず、インターネットメディア、個人を対象としたブログ、またソーシャルネットワークを通した情報の拡散を狙ったPR展開まで手段は広まっており、要するに何を取捨選択行うかです。記者会見では、優先攻略先はマスメディアですが、そのスキームを通して、商品やサービスを訴求させるための様々な副産物をもたらしてくれます。

企業ブランドの向上

モノがあふれている現代では、新製品が出来たからと言ってただ単に商品名を伝えるだけでは、過酷な情報掲載競争に立ち向かうことができません。なぜ、誰が、何のためになど製品が出来た背景をストーリー仕立てで分かりやすく伝えるなど、宣伝⼿段のインフラを整備したうえでPR手段を活用することで、売り上げの増加へと導かれる確率は高まっていきます。最近では、午前にマスコミ、午後に伝播力のあるブロガーを集めて行う記者会⾒イベントを行うなど、費用対効果の面からも有力な宣伝手法として活用する企業が後を絶ちません。

記事は第三者目線で公平というイメージ

多くの企業が記者会見を積極的に行うのは、「記事化された時の費用対効果が広告に比べて莫大」であること、そして「伝播しやすい第三者目線の公平なコンテンツ」が誕生することに理由があります。もともとはB to C ビジネスに有利だった記者会見というPR手段は、最近ではB to B 向け商材の企業の対営業マン向け情報コンテンツの提供手段として積極的に行われています。企業側はマスコミ記者の傾向をしっかりと理解しメディアの特性を熟知、対策を講じる必要があります。マスメディアの記者へのアプローチから配信される情報精度へのこだわり、そして記者会見の会場設定など成功のための沢山の要素を抜け目なくカバーすることが大切です。

専門サイトはこちら

広告費を払わなくてもマスコミに掲載される例は沢山あります

PRイベント/記者会見の企画、実施、そしてその後の記事獲得は難易度の高い作業です。せっかく会見を開いても記者が来なかったり、また来ていただいたとしても記事にするには内容が薄く、ボツになってしまうことも多数あります。
特に最近は、新製品や新サービスに背景の説明が求められています。誰が、なぜ、何を、どのようにしてこの製品が出来上がっていったのか、そこに至るサプライズ、豆知識の披露など、あらゆる角度から企画を昇華させていくことが大切です。依頼があれば、弊社では企画提案の段階からプロジェクトに参加、これまでに経験した記者会見の例を用いながら、成功の確率を高めるためにコンサルティングでお手伝い致します。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP