【コラム】日本人が中国人から学ぶべきところ

中国と日本は地図上では隣にあると言ってもいいぐらい近い国。しかし文化は大きく違います。中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、日本人が中国人から学ぶべきところについてお伝えしていきます。

日本人が中国人から学ぶべきところ

中国に行くと日本にはないものが沢山あり、中国にも日本人が学んだ方が良いことが沢山あります。
では、日本人が中国人の学んだ方が良いと思うことについて紹介したいと思います。

ウェルカムという精神が強い


中国人は中国へ来てくれた人に親切にしてくれます。彼らは親しい人の面倒を見るのが大好きで、もし中国に遊びに行くとしたら、手配から何まですべて行ってくれるのです。
日本人はどちらかといったら、世話を焼いたりはしないのですが、中国人はとても親切ですね。
自分の親しい人に対して親切にするという精神は日本人も学んだ方が良いと感じました。

友人は家族同然

中国人はとにかく友人に親切で家族のように接して親しくなろうとしてくれます。
面倒見が良くておせっかいな人が多いのでとにかく居心地が良いですね。
一度仲良くなったら、「何で他人にこんなに親切にしてくれるの?」というほど親切なので、付き合っていてとても楽しいですね。

縁を大切にする


中国人は縁をとても大切にします。見知らぬ人でも抵抗なくおしゃべりが出来るのは縁を大切にするからです。
日本では初めて会った人と連絡先を交換することはあまりないのですが、中国人は初めて出会った人ともあまり抵抗なく電話番号を交換します。
縁を大切にするという考えは、仏教などが影響していると言われています。
日本よりも人との繋がりを大切にするので、ひとりの人間を大切にするという精神は日本も学んだ方が良い部分だと感じます。

違いを恐れない

日本人は何かとみんな一緒が好きですよね。むしろ、同じでないと変な目で見られてしまったりする場合もあります。
ですが、中国は56の民族が存在し、そのうち漢族以外の55の民族は少数派と言われています。
それぞれ独自の文化や考え方が存在し、言葉が違うということもあります。
そのため、「他の人と違っても、全く怖くない、気にしない」という考え方がベースにあります。
人が違った考え方を持っていても全く気にしません。異質性に関する寛容さは日本も学んだ方が良いでしょう。

まとめ


日本人にもおススメの中国人の性格を紹介しました。(もちろん全員がそうということはありませんが)
概してマイナスなニュースが多い中国ですが、良いところを沢山知って、良い部分を見ることができると良いですね。
中国に行くことがあるなら参考にしてください。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】日本が中国へビジネス進出するメリット

  2. 【コラム】貴重な人材!?日本語がペラペラに話せる中国人は一体どのように…

  3. 【コラム】国務院による行郵税の税率引き下げがどのような影響をもたらすの…

  4. 【コラム】日本人が学ぶべき中国の作法

  5. 【コラム】身近なことから始めよう!中国における企業の社会貢献活動とは?…

  6. 【コラム】中国は日本の「お家芸」から何を得るのか?地方を発信がビジネス…

  7. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

  8. 【コラム】中国進出において重要な位置を占める注目の業種とは?

PAGE TOP