【インタビュー】高品質で低価格なLEDを供給する中国人社長「無謀な状況からの逆転を狙って」

外国人向けビジネスを展開する企業取材を行うReeBenCorp編集部では、LEDの世界シェアの99%を占める中国から、高品質で低価格なLEDを供給するサインフラックスの計社長にお越しいただきました。

編集部
編集部
よろしくお願いします
よろしくお願いします
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
会社紹介を簡単にお願いいたします。
はい、社名は株式会社サインフラックスといいます。2015年に設立されました。主にLEDの商社を営んでおります。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
LED。専門的な分野ですね。内容に関しては改めてお聞きすることとしまして、まず最初に日本に来たきっかけについて伺っていきたいと思います。
はい。私はもともと中国の安徽省の出身です。その後、上海の大学に進みました。学部は、日本学部といい、日本に関する沢山のことを知ることができました。文化、経済、音楽、アニメなど。本当に様々なことを学ぶことができました。その後日本の大学院へ行くことになりました。高松大学・大学院です。大学院では経営に関する研究を行い、主に大企業の運営、哲学など経営に関する全般を学ぶことができました。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
なるほど。どちらかと言うと文系の世界だったんですね?
はいそうです。そしてその後、高松にあるLED関連の会社に入ることになりました。その時はすでに大学院を卒業していた頃ですので、27歳前後だったと思います。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
それから、何年ほどお勤めになられたのですか?
約3年間です。この3年を通してLEDのことが大好きになり、その会社で雑務から営業の手法、そして経理、貸借対照表など、会社運営に関わる沢山のことを学ぶことができました。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
なるほど。理解しました。それで計社長は、現在もLEDに関するお仕事にされているのですね?
はい、そうです。ただ、お世話になった会社には迷惑をかけたくなく、それどころかいつか一緒に仕事ができればいいと思っておりました。そのため、営業的に関わりのない関東地区にて、会社を設立しようと決意しました。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
それは初めての東京って言うことですよね?正直、大変だったのではないでしょうか?
はい、非常に、非常に大変でした。無謀すぎますよね。はじめての会社設立を、初めての場所で一からスタートするなんて(笑)。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
どうでしたか?
会社を設立するってこんなに大変なんだと言うことに改めて気づかれました。とにかく、準備することが多すぎて(苦笑)。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
分かります。
さらに、私が外国人ですので提出する書類や審査なども多く、事務所すらなかなか借りることができませんでした。全てが、てんやわんやでした。さらに…
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
さらに?
はい。さらに一番の問題点は、根拠のない当てずっぽうの営業だったと思います。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
当てずっぽう、といいますと?
今思うと、新規開拓だからある程度は仕方ないんでしょうけど、なかなか仕事が取れなくて。。。このままではまずいなと言うことで、嫁と子供を中国に帰らせました。仕事に、集中するためです。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
糧を棄てて船を沈めるような決意ですね。
決死の覚悟でした。ただ、一念発起して、営業の手法を変え、品質も評価され始め、リピーターがようやく増えていき、少しずつ軌道に乗り始めました。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
それはよかったです。参考にどのような営業されていたのでしょうか?
最初は、テレアポです。LEDを必要とするクライアント候補をリサーチして、片っ端から電話しました。しかし電話営業では結局面談を実施することすら難しく、営業の手法を変更せざるをえなくなりました。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
なるほど。そして次にどのような作戦を取られたのですか?
はい、その頃仲間に加わったパートナー会社ともに打ち合わせをし、商品の取り扱い可能性のある会社様をより具体的に抽出し、直接訪問することに決めました。このおかげで、少しずつ受注が増えるようになっていきました。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
良かったです。そして現在はどうですか?
現在もおかげさまで、紹介いただくことが非常に多くなり、少しだけ余裕が出てきました。。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
なぜ、紹介をいただくことが増えたのですか?
弊社のミッションにもつながることなのですが、弊社はとにかく信用を一番大切にしています。それは人間的なお付き合いはもちろんのことですが、まずは何より、高品質で壊れにくく、そして低価格の製品を供給していくと言うことです。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
それは言うはやすし行うは難しですよね?それが出来れば皆がやっていると思いますが。
たしかにその通りです。ただ、弊社の一番の強みは、中国のLED製造の向上を知り尽くしているということです。どの工場に行けばどのような工場長が働いていて、そして工場の運営、作業のフローなど、中国のLEDに関する工場のほとんどを見てきたという自負があります。だから、判断ができるのです。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
なるほど。そこが御社の強みですね?
そうだと思います。中国の良い工場の情報もしっかりお届けすることができる。それが弊社の強みです。
計 玉金
計 玉金

編集部
編集部
ありがとうございます。今日はたくさんお聞かせいただくことができました。最後に、サインフラックスさんの今後についてお話しいただけますか?
はい。今後に関してですが、まずは、既存のお客様へのサポートを何より大切にしていきたいと思います。また、今後の取り扱い業務の拡大目標として、弊社は『世の中の光もの全てを商品として取り扱いたい』と思っております。中国にて行われているLEDを活用した付加価値情報を日本にいち早お伝えすることで、社会に貢献していきたいと考えております。
計 玉金
計 玉金
編集部
編集部
素敵な取りまとめありがとうございました。引き続き頑張ってください。
こちらこそありがとうございました
計 玉金
計 玉金

 

編集後記:

身長180センチ。爽やかで優しい人柄が滲み出た笑顔で私たちを出迎えてくれた計社長。一つ一つの物事に対しても、言葉を選びながら慎重にお話しいただきました。話の内容も経験に基づく、地に足のついたお話が多く、聞いていてすっと耳から脳に刺激が伝わるようでした。奥様とお子さんがまだ中国にいらっしゃると言うことで、早く日本に来て家族で暮らせるようになればとお話しされていたことが今も身に付いて忘れません。
編集部
編集部

会社概要:

Signflux株式会社
東京都品川区南大井 3-33-2
代表取締役 計 玉金さん

公式ホームページ

インタビュアー:FuuTetsu
中華人民共和国浙江省紹興市出身。上海外国語大学卒業。大学卒業後は中国国内のメディアや製造業にて働く。2010年に来日し、日本と中国の企業間障壁を調整しコラボレーションを促進させてきた。
現在はアセットカフェの中国人経営者及び不動産企画部門の統括プロデューサーとして活躍する。得意分野は「中国人起業家による日本進出OneStopサポート」「日本企業のための微信/微博を活用したプロモーション企画サポート」「在日中国人のための日本在住トラブルサポート」「不動産企画サポート」「コンテンツビジネス企画サポート」。趣味はアニメ鑑賞。

関連記事

  1. 【コラム】知らないと恥をかく中国でのビジネスマナー

  2. 【コラム】中国人とのビジネス交流の大切さ

  3. 【コラム】中国農村部のネットショッピングの拡大は大きなチャンス!

  4. 【コラム】中国に子会社を立ち上げるも(後編)~日本やアメリカとは当然違…

  5. 【コラム】中国人が日本進出を成功させるために学ぶべきこととは?

  6. 【コラム】メンツって分かりますか?中国の人の特徴や良くある性格

  7. 【コラム】実例から見る中国人との距離感~中国での「郷に入っては郷に従え…

  8. 【コラム】実は現地で起業する日本人も多い~中国で働く日本人とビジネスの…

PAGE TOP