【コラム】貿易大国である中国と貿易で成功するためのポイント

中国は2001年にWTOに加盟しましたが、わずか15年でアメリカ合衆国と並ぶ貿易大国になりました。中国は広大な国土に多くの資源や農作物がとれることや人件費が安く、製造にかかるコストが安いために輸入をするために注目されています。

この記事では、中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、中国との貿易について紹介します。

データから見る中国の貿易

世界貿易のデータによると、中国の世界における貿易は1990年~95年までの5年間は5.1%のシェアでした。しかし、98年~2003年までの5年間でシェアは11.9%に倍増しています。逆に日本のシェアは9.2%から4.0%に半減し、アメリカ合衆国も11.2%から2.0%と大きく後退したことが分かります。世界における各国の原油需要シェアも貿易と同様の現象が起きており、2003年から2005年まで日本は7.0%から6.4%に下がっていますが、中国は6.9%から8.2%に伸びています。
参照:https://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/100224world.html

中国は経済的に大きく成長しているため、原材料や資本財などの需要が増大。近年では食材や衣類など、国外に積極的に輸出する傾向が強くあります。このことが貿易大国たるゆえんだと言えます。近年では、国外に留学や就職をする中国人も増え、貿易だけでなく人材ににおいても世界を席巻しています。

中国と貿易する目的とは?

近年、日本では国内で生産された商品の価格が高くなり、コストを減らすために中国製の物を輸入する傾向があります。中国と貿易をする主な傾向としては、日本における国内市場が飽和状態で、国際化を推進するためだと言えるでしょう。

中国は国土が広く、人口が多いため、世界の企業は自国ブランドを率いて勝負をするための場所としても選ばれます。中国という土地は自社の優れた商品を広める場所としても効果的で、マーケティングの場としても注目を集めています。しかし、実際に中国と貿易をするためには、ある程度の資金や知識、そして経験が求められます。

中国との貿易で成功するポイントとは?

国内と国外では市場の規模やニーズが異なり、事前に調査を行ってから方針や目的を決めることが重要だと言えるでしょう。まず、貿易をするためにはコミュニケーションが必要であり、中国語が堪能なスタッフを揃えなければいけません。

主要国が中国と貿易をするときは、目的や戦略を事前に決め、輸入や輸出をする商品を明確にすることが大事です。貿易は流れやスケジュールを正しく決め、計画的に進める必要があります。取引先との交渉をスムーズに行い、企業の成長につながるよう目標を決めることが重要な成功のポイントです。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】上有政策下有对策~中国四千年の商人魂はいまも健在~

  2. 【コラム】2019中国の最新事情

  3. 【コラム】覚えていますか?日本で一世を風靡した華麗なる中華圏スター達

  4. 【コラム】アフターコロナの観光業の在り方とこれからの日中観光~後編~

  5. 【コラム】知ることから始めよう!KOLとインフルエンサーの違いと特徴

  6. 【インタビュー】中国出身初の議員を目指す「歌舞伎町案内人」李小牧さんに…

  7. 【コラム】日本人が学ぶべき中国の作法

  8. 【コラム】「あるある!」日本と中国の相違点

PAGE TOP