【コラム】中国進出において重要な位置を占める注目の業種とは?

中国において長期間ビジネスをしていると、自然と投資の流れやニーズが見えてきます。他国の投資者は、中国に投資する際には短いスパンで、割り切った思想を持っています。一方で、私たち日本人は長期的なスパンで中国に日本式の手法を定着させることに注力します。

しかし、安定してくるころには当初の人材は入れ替わってしまい、その投資が無駄になってしまうことも。そうしたリスクを避けるためには、中国は他のどの国とも異なる背景を持ち、日々進化している国であることを理解する必要があります。この記事では、中国滞在経験のあるライターのBILLIKENが、これからの中国進出について詳しく解説します。

投資の際に起こりうる”ある”ニーズ

現在の中国市場において大切なのは、弁護士を上手に使うことです。今後、日本からの中国へビジネス進出する際には、法曹業界にチャンスがあると言えます。また、この職種は、中国から日本への投資にも深く関わることになるでしょう。

今後の中国は暫くは景気が停滞すると考えられますが、調整段階を経て再び上昇する可能性があります。しかし、その時になって始めるのでは、時すでに遅し。今から準備をし、上昇気流に乗ることが望ましいといえます。そのためにはビジネスのポイントを絞って準備に取り組むことが必要です。

人材活用のポイントはインターネット

これから中国へ、または中国から日本への進出を準備している人には、専門用語が多い弁護士など司法関連の業務へのニーズが高まることが予想されます。では、専門用語に詳しい人材をどのように集めていけばいいのでしょうか?その答えは、日々進化するネット社会が重要な役割を担っています。

現在、日本語を使える中国人は大勢いますが、中国人が日本で就業するのはとても困難です。しかし、ネットを活かして日系企業で働きたい人材を集め、司法における専門用語対応の通訳などを育成。このように中国の人材を活かすことで、世界に滞在する中国語を使う人々へもビジネスチャンスを広げることも出来るでしょう。

専門的な通訳がこれからの日本企業を助ける

中国は法治ではなく人治だと言う人もいますが、現在の中国の法整備は非常に進んでいます。そのため、日本企業は中国の法律に精通している日本語堪能な弁護士または日本人スタッフのいる弁護士事務所が今後中国に増えることを期待しています。

また、ネットを使っての業務形態も今後広がりを見せるでしょう。中国語だけでなく、日本語でもネットで法律相談をできる中国の法律サイトがあると非常に便利です。こうした展開は、大きなビジネスチャンスがあるだけでなく、今後中国でビジネスを展開する日系企業にも大きなメリットになることでしょう。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】中国は日本の「お家芸」から何を得るのか?地方を発信がビジネス…

  2. 【コラム】中国人にとって日本のアニメとは?日本在住中国人のアニメ事情

  3. 【コラム】アフターコロナの観光業の在り方とこれからの日中観光~後編~

  4. 【コラム】中国の接客サービスの日本化

  5. 【コラム】日本よりも厳しい!?中国のアイドル事情について

  6. 【コラム】「生産拠点=中国」という図式に変化をもたらした新型コロナウイ…

  7. 【コラム】企業が探すべきKOLとは?KOL戦略のカギはターゲットにあり…

  8. 【コラム】日本発サブカルチャーが中国&世界を結ぶ!

PAGE TOP