【コラム】知ることから始めよう!KOLとインフルエンサーの違いと特徴

KOLは、日本で言うところのインフルエンサーのことです。KeyOppinionLeaderの略で、中国を中心にアジアのSNSにおいて強い力を持ち、彼らの発信からトレンドが決まるとも言われています。

本記事では、中国滞在経験のあるライターBILLIKENが、中国のKOLプロモーションについて考察します。

KOLとインフルエンサーの違い

KOLは、新商品などへのアンテナを常に張り巡らせています。また、コミュニケーションスキルが高く、その広いネットワークなどの特徴があります。インフルエンサーとKOLは非常によく似ていますが、その意味合いは若干異なります。まず、インフルエンサーとは、影響力を持つ人のことを広く意味してします。そのため、KOLもインフルエンサーに含まれていると言っていいでしょう。

インフルエンサーは、影響力の大きさによりトップインフルエンサー、マイクロインフルエンサー、ナノインフルエンサーと分類されています。フォロワー数多いほど影響力は強くなり、プロモーション力が高いとされています。一方、KOLは専門性を持っており、ひとつの物事や要素を突き詰めたオピニオンリーダーという特徴があります。インフルエンサーはKOLのような専門性持ってると限らないため、この辺が異なるところでしょう。

KOLとは専門性のある一般人

KOLについてさらに具体的に説明していきましょう。KOLに大きな特徴のひとつに「専門性」がありますが、KOLはある特定の分野に詳しい一般人です。

そのため、消費者により近い目線で発信をしており、そうしたKOLの発信を見てファンが集まります。中国市場のKOLの影響力は凄まじく、今や中国のマーケティングには欠かせない存在になっています。

KOLの影響力はどのくらい?

実際にKOLにはどのような経済効果があるのか、実際の例を挙げて見ていきましょう。「PAPI醤」は自然体で飾らないスタイルと、表情豊かでコミカルなトークが人気の著名KOLです。以前、8つのSNSプラットホームにて同時ライブ配信を行った際、リアルタイムの視聴者数が2000万人を超えたのだそう。その影響力から、その後シューズブランドのNEWBALANCEとコラボが決定するなど、今や著名人の仲間入りをして活躍の幅を広げてます。また、ファッション系のKOLである「滕雨佳」は、自身がセレクトしたコスメショップをアリババが運営するECサイトのタオバオでに開設。毎月2000万元を売り上げているそうです。

元モデルのKOLである「张大奕」は、ファッションやコスメ分野で大きな影響力があります。自身の経験を生かし、主にファッションコーディネートを発信。ライブ配信は大人気で、時には40万人以上の視聴者を集め、2時間の配信で3億円もの売上を叩き出したそうです。

KOLでプロモーションを始める前に

このように、中国のKOLの影響力は凄まじく、その経済効果は未だ計り知れない可能性を秘めています。しかし、中には視聴者数やフォロワーの数を水増ししている悪質なKOLもいるので、プロモーションを計画している企業は気を付けなくてはいけません。

KOLプロモーションを成功させるためには、企業はKOLをしっかりと見極め、それぞれの会社のカラーに合ったKOLを選定することから始めるのが、KOLプロモーションを成功へ導く近道なのではないでしょうか?

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】中国人が日本進出を成功させるために学ぶべきこととは?

  2. 【コラム】もし中国と本気でビジネスを実現させるなら知っておきたいこと

  3. 【コラム】貿易大国である中国と貿易で成功するためのポイント

  4. 【コラム】2019中国の最新事情

  5. 【コラム】日本発サブカルチャーが中国&世界を結ぶ!

  6. 【コラム】意外なモノが喜ばれる?中国へのお土産事情

  7. 【コラム】中国人の爆買いには続きがある?越境ECでチャンスを狙え!

  8. 【コラム】日本発のサブカルチャーを通じた人的交流とインバウンド

PAGE TOP