【コラム】これからの中国と日本のベストな関係とは?

中国と日本は、いまや切っても切れない関係です。経済、輸出入、文化など、中国を頼らずに生活することはもはや不可能に近いでしょう。

この記事では、中国在住経験のあるライター・BILLIKENが、日本は2022年以降、中国とどのような交流をするべきかについて考察しています。

2022年の日中関係はどうなる?

新型コロナウイルス蔓延の影響を受け、現在は日中の政治経済活動は中断、または延期せざるを得ませんでした。しかし、こうした状況下でも、中国と日本は経済協力関係を深化させる試みをいくつか行っており、経済と産業構造を相互に補完し、早く経済が回復するよう努めています。お互いに経験を共有しあい、手本となるように自身のモデルを一層改善している状態です。

一方、日中関係はどうなっているのでしょうか?2022年は、日中が国交を正常化して、50周年を迎える節目の年です。両国では、「初心を振り返り、半世紀にわたる日中関係の教訓や経験を十分に総括し、より成熟して安定した日中関係を構築すべき」としています。

重視するべき中国との関係とは?

今後は、日本国内で台等しつつある「経済安全保障」の動きに懸念を示す必要もあるでしょう。平和的な日中関係が崩壊すれば、日本経済も壊滅的な打撃を受けると言われていますが、それを避けるためには、よき隣人として共に発展を目指すことが双方にとってメリットがあるのではないかという声も。そのため。これからも中国とは積極的に交流し、上手に付き合うことがとても重要と言えるでしょう。

中国はこれから、総合国力において21世紀中に米国を追い越すと言われています。それほどの力を持った国だからこそ、日本は上手に付き合い、人流的な付き合いをした方を模索するべきでしょう。特に、アフターコロナにおいては、若者をはじめ、中国とさらに積極的に交流することが望ましいと言えます。今後も日中関係を良好なものにするためには、お互いに理解と信頼を深める交流を続け、友好関係を発展させることが重要となるでしょう。

中国進出無料相談受付中。お気軽にご連絡下さい

執筆:BILLIKEN

関連記事

  1. 【コラム】日系企業の中国進出成功のカギは現地式人事

  2. 【コラム】観光業から自転車販売へ――大胆な転身が成功の鍵を握る?

  3. 【コラム】男女逆転?中国に「おひとり様」が増え続ける背景とは?

  4. 【コラム】中国人との信頼関係構築は時間がかかることを最初に知っておくべ…

  5. 【コラム】日本で働く中国人女性が描く理想の日本進出とは?

  6. 【コラム】中国のECサイト・タオバオのメリットと成功のカギとは?

  7. 【コラム】中国人が日本を目指す理由と日本が中国人を欲しがる理由

  8. 【コラム】中国無しには語れない?日本の「クールジャパン」の今

PAGE TOP